ビタミンEってどの位摂ったらいいの?

b2

ビタミンEは、どの位の量を摂るようにしたらよいのでしょう。

ビタミンEにも抗酸化作用があることから、健康や美容のためにと摂る人も多い栄養素です。でも、どの位の量を摂るようにしたら良いのかというと、良くわからない人もいるでしょう。

ビタミン類は、以前は摂り過ぎということはなく、いくらでもとっても良いという話もありました。でも最近の研究では、ビタミン類も摂り過ぎは、良くないということが言われています。

ビタミンEは、成人の男性で1日に7mg、女性で6.5mgが目安と言われています。ちなみに上限値としては、男性で800mg、女性で650mgとなっています。

実はこのくらいの量は、普段の食から摂取することができるので不足してしまうということは、まずありません。

抗酸化作用などを狙ってビタミンEを多く摂るようにしたい場合には、サプリメントなどを利用する人もいるでしょうが、摂り過ぎには注意しましょう。

ビタミンEは摂り過ぎてはいけないの?

ビタミンEを摂りすぎることは決して良いことはないのですが、実際に摂り過ぎたりするとどうなるのでしょう。現在のところわかっているのが骨粗鬆症のリスクが高まるという研究結果があります。

若返りを目指してあまり摂り過ぎてはいけないということですね。

では逆にビタミンEが不足してしまうとどうなるのでしょうか。神経障害、筋障害といったものを引き起こすことがあります。これは神経障害や筋組織が損傷を受けてしまうことで起きてしまう可能性があります。

ビタミンEが不足するといっても通常はそういったことはあまりなく、可能性としては、遺伝であったり、ダイエットのし過ぎといったことがあります。

ビタミンEに関しては、積極的に摂るようにするというよりも摂り過ぎない適度に摂るようにすることが大事ということですね。